BB工事どっとコム


ba_mes.gif

当 社HPご覧悦ありがとう御座います。BB工事どっとコムの栗原と申します。ITと はコミュニケーションをとる為の電子的な道具(脇役)で、主役はコミュニケーショ ンの方です。様々な現場で培った私どものIT技術を、地元宮城のコミュニケーショ ンにお役立て頂ければ幸いと考えております。

私どもの原点は、JapanのODA派遣技術者当時に遡ります。私のミッション は、現地スタッフを教育しプロジェクトを完了することでしたが、現実は建設・電 力・通信・PCの何でも屋でした。機器が故障すればその場で原因を調査し、基板修 理する或いは代替え応急処置をするなど機転も要求される職種です。

 コモロ 衛星通信システムを建設中・・・

 マルタ スエーデンと衛星で対向試験中・・・

 中 国 光通信システムを導入支援中・・・

 ナイジェリア 可 愛い兄弟が遊びに来てくれました・・・



・・・ ドイツ、オランダ、フランス、シンガポール、インドネシア ・・・
神様に色々と世界を見せて頂いた気がいたします。

世 界中、文化、人種は違えど人の考えにそう違いは無いことが分かりました。貧乏 でも、お金持ちでも、みんな平等です。 実は、私は3歳で養子に出され実の親を知らずに育ちました。そのため、幼年期から将来一人で生きていくことを準備しておりました。小4の時、自ら新聞少年になりました。中 学卒業の時、体が強かったのと「タイガーマスク」 に憧れ、本気でプロレスラーの道を目指すも何処に入門したらよいかすらわからず即挫折した思い出があります。その後、高校に進学しましたが、昼は本屋の店員、夜はコンビニ 店員、休日には水産会社でのアルバイトを掛け持ち、一日に最大4つのバイトを こなして生きてきた事が現在のパワーの源です。
江原啓之氏(スピリチュアル)のセミナーを好んで行ってくるのですが、この世 に生をうけるということは、どうも自分で選んだプログラム(宿命)らしい。私 の今世のテーマは、子供は親がいなくても勝手に成長することの証明と勝手に決 めてます。 だから、東日本大震災以降、子供によい生活がさせられないことを悲観する 親がでてくるかも知れませんが、ノープロブレム!ですよと言いたい。苦労した子はその分成長(人間力が磨かれ)するので絶対に不幸にはならないと思うからです。心配なのは 甘やかされて育った人の方、その後の人生をノーアイディア!で 楽しめなくなってしまいます。自分でできることは何でも自分でやってみて下さい。何か面白い発見があるかも知れません。人生楽しんだもん勝ちですですから。
今まで生きてきて、人生で一番必要なものはアイディアだと思う。アイディ アは物づくりだけに必要なのではなく、人間関係 を築くにもアイディアが必要と江原氏から教えてもらいました。人生全てがアイディア次第なんですね。でも、アイディアは、「99%の努力と1%のひらめきから生まれる」位 のものですから、七転八起じゃ〜まだまだ、99転100起する根性が必要!と 思った方が無難です。だからでしょうか、JAXAはやぶさプロジェクトの標語 にも「技術より根性」とありますから、真実味がありますね。
サラリーマン時代は、学生時代にバイトを複数掛け持ちでこなしてきた影響で しょうか、頼まれるといやと言える性格ではないこともあり、某メーカーにいな がら開発・設計・製造・品証・建設・保守・保全と殆ど独学で何にでも首を突っ 込んでしまいました。独学?と思われるかも知れませんが、結局、企業にいて も、初めてやることは先生が居ませんので全てが独学になるだけなんです。職歴 は、国内外通信会社の通信システムと東京電力などの電力遠隔制御システムの開 発に携わり、2001年に会社都合で早期退職してしまいました。
現在は、自社制作の産業用ソーラー発電所事業とインターネット関連事業がメイ ンですが、仕事のポリシーはODAで培った世界のサポートそのものですので宜 しくお願いいたします。

てことで、最後まで読んでくださってありがとうございます。


「光」お申込みで、ネットカメラを進呈!
Copyright(c)2002 有限会社BB工事 All Rights Reserved.